シンボル

富川市のシンボルマーク

富川市のシンボルマーク

富川市のシンボルマークは市の花である桃の花を表現したもので、四角の中の5枚の花びらは富川市にある5つの山と安定した都市イメージを象徴しており、5本のおしべは都市の発展と拡張を表している。

富川市のブtランド

富川市のブtランド

「Fantasia Bucheon」とは、新たに飛躍し、躍動的に発展する都市富川の魅力を強調する都市ブランドです。富川という都市がもつ「多様な楽しさ」と「幸福なメロディー」を象徴する「リズム感あふれる文字配列と配色」は、楽しく活気あふれる文化と先進型先端産業とがシナジー効果をあげながら発展していく「新概念都市富川」の未来像を示している。

それぞれのアルファベットが一つに結ばれたワードマークは、多様な産業・自然環境・人間が調和する富川市の体系的な「都市ネットワークと有機的なインフラ」を強調している。

市木:桃

市木:桃

富川市には古くから聖柱山を中心に野生の桃が自生しており、改良された桃がはじめて栽培されたのは1900年代の初めである。水はけのよい緩やかな傾斜地、年平均気温が11~15℃という最適な生育条件などにより、郷土の代表的な農産物となっている。

素砂(ソサ)桃の昔ながらの風情を生かそうと2001年、市の木を銀杏から桃に変更した。

市花:桃の花

市花 桃の花

富川市の市の花は桃の花で、一名「ポクサゴル」とも呼ばれる。

富川市では花が見事に咲き誇る4月末から5月初めにかけて「ポクサゴル芸術祭」を開催し、市民ハンマダン祭りを繰り広げている。

市鳥:若鷹

市鳥:若鷹

富川市は1990年に市を象徴する鳥として勇敢な若鷹を定めた。

若鷹は明るい未来への躍進、空高く舞い上がる飛翔、そして俊敏性を意味し、今後とも富川市がこのような発展を遂げていくことへの願いを込めて定められた。